PRO-VISION READING SUPPLEMENTARY READING | PRO-VISION 和訳の達人

PRO-VISION READING SUPPLEMENTARY READING

桐原書店 英R 038 PRO-VISION ENGLISH READING
Supplementary Reading A Day’s Wait

P.163

He came into the room to shut the windows while we were still in bed and I saw he looked ill.
彼は、私たちがまだ寝ている間に窓を閉めようとして部屋に入って来ました、私には、彼は気分が悪そうに見えました。

He was shivering, his face was white, and he walked slowly as though it ached to move.
彼は震えていて、彼の顔は青白く、まるで動くと痛いかのように、ゆっくりと歩いていました。

“What’s the matter, Schatz?”  「どうしたんだい、坊や?」
“I’ve got a headache.” 「頭痛がするんだ」
“You better go back to bed.” 「ベッドに戻った方がいいよ。」
“No. I’m all right.” 「ううん、大丈夫だよ。」
“You go to bed. I’ll see you when I’m dressed.”
「ベッドに戻りなさい。着替えたら見に行くから。」

But when I came downstairs he was dressed, sitting by the fire, looking a very sick and miserable boy of nine years.
しかし、私が降りて行くと、彼は着替えて、暖炉の火のそばに座っていましたが、とても気分が悪そうで、哀れな9歳の少年に見えました。

When I put my hand on his forehead I knew he had a fever.
私が彼の額に手を置くと、熱があることが分かりました。

“You go up to bed,” I said, “you’re sick.” 「上にあがって寝なさい」私は言いました、「病気だ。」
“I’m all right,” he said. 「大丈夫だよ。」彼は言いました。

When the doctor came he took the boy’s temperature.
医者がやってきて、彼の体温を測りました。

“What is it?” I asked him. 「何度ですか?」私は医者に聞きました。

“One hundred and two.” 「102℃です。」

Downstairs, the doctor left three different medicines in different colored capsules with instructions for giving them. =three different medicines
降りて行くと、その医者は、3色のカプセルに入った3種類の薬を、服用の説明書をつけて置いていました。

One was to bring down the fever, another a purgative, the third to overcome an acid condition, he explained.
1つは熱を下げるためのもので、もう1つは下痢、そして3つ目は、体の酸性状態を改善するためのものでした。

He seemed to know all about influenza and said there was nothing to worry about if the fever did not go above one hundred and four degrees.
インフルエンザの細菌は、酸性状態でないと死滅してしまうのです、彼は説明しました。
彼はインフルエンザについて何でも知っているようで、熱が104度以上上がらなければ、何も心配することはないと言いました。

This was a light epidemic of flu and there was no danger if you avoided pneumonia.
インフルエンザにかかっているけれど軽いので、肺炎にならなければ、危険ではなかったのです。

Back in the room I wrote the boy’s temperature down and made a note of the time to give the various capsules.
部屋に戻ると、私は息子の熱を書き留めて、様々なカプセルを飲ませる時間をメモしました。

write ~ down ~を書き留める

“Do you want me to read to you?” 「本を読んでほしいかい?」

“All right. If you want to,” said the boy.  「うん。パパがそうしたければ。」息子は言いました。

His face was very white and there were dark areas under his eyes.
彼の顔はとても青白く、目の下にはクマができていました。

He lay still in the bed and seemed very detached from what was going on.
彼は、ベッドでじっと横になり、何が起こっているのかが全く気にならない様子でした。

PDFファイルでこのLESSONをDOWNLOADする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする