PRO-VISION 2 Lesson2 Are You Really a Sloth? | PRO-VISION 和訳の達人

PRO-VISION 2 Lesson2 Are You Really a Sloth?

君ってホントにナマケモノ?

First keep the peace within yourself, then you can also bring peace to others. ―― Thomas a Kempis

まず自らが平和な気持ちでいなさい、そうすれば他の人にも平和をもたらせます――トマス・ア・ケンピス

Part 1

たぶん皆さんのうちのたくさんの人が、この動物が何なのかを知っていることでしょう。

しかし、この動物についてはそれほど多くのことを知らないかもしれません。

この動物は中南米の熱帯雨林に住んでいて、ほとんど1日中、あまり動かないで、木の枝にぶら下がったり、枝の上で寝そべったりして過ごします。

動くとしても、信じられないくらいゆっくりと動きます。

そんなわけで、この生き物は、「ノロイ」という英単語から来ている“スロース”という名前を付けられました。

西ヨーロッパの探検家たちは、16世紀にナマケモノを見つけました。

探検家たちは、この動物が怠けていると考えて、ナマケモノを軽蔑するになりました。

科学者はより客観的であるべきはずだったのですが、当時の科学者たちでさえも同じ印象を持ちました。

それ以来、最近まで、ナマケモノは怠けている、頭の鈍い、役立たずといった評判を持っていました。

進化の失敗とさえ形容されたことがあります。

ナマケモノは西洋では「怠ける動物」というレッテルを獲得しましたが、熱帯雨林に住んでいる地元の人は、ナマケモノを良い友人だと見なしています。

この動物の受けとめ方にこれほど大きな違いがあるのはなぜでしょうか? 答えはナマケモノの興味深い暮らしぶりにあります。

Part 2

ナマケモノは木の高いところにある枝で夜を過ごした後、日の光で目覚めます。

ナマケモノが木の高いところで暮らすのには、もっともな理由があります。

哺乳類としては珍しく、ナマケモノは恒温動物ではありません。

体温が環境とともに変化します。

日が当たる場所で暖まらなけらば、ナマケモノの体温はわずか30℃にしかなりません。

体の機能のほとんどが停止します。ナマケモノが活動的であるためには、太陽の熱が必要なのです。

体温が上がり始めると、ナマケモノはお腹が空いていると自覚します。

朝ごはんを探しにとてもゆっくりと動き始めます。

1日に大きめの葉っぱを3枚しか食べません。

重さにして7・8gです。これでお腹がいっぱいになるようです。

日に1度だけの食事が終わると、ナマケモノは食べたものを消化するために、静かに枝にぶら下がります。

信じられないかもしれませんが、ナマケモノは約20時間はまったく動きません。

まるで木の1部になっているように見えます。

ナマケモノは太陽の熱が体温を維持するのを助けてくれるおかげで、ほんの少量の食べ物で生きていけるのです。太陽のエネルギーをうまく使い、エネルギー効率のいい生活様式を持っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする