PRO-VISION 2 Lesson1 An Abundant Well That Never Runs Dry | PRO-VISION 和訳の達人

PRO-VISION 2 Lesson1 An Abundant Well That Never Runs Dry

An Abundant Well That Never Runs Dry 枯れることのない豊かな井戸

We don’t receive wisdom; we must discover it for ourselves after a journey that no one can take for us or spare us. ―― Marcel Proust

知恵は授かるものではない。 それは他人に代わってもらえない、 免れることのできない旅の果てに自ら発見しなければならない。 ――マルセル・プルースト

Part1

私は奇妙な偶然から日本文学を見つけました。

1940年、私が18の時のことでした。

みんなは今では忘れているようですが、当時は西洋の世界が一番暗い時代でした。

ナチスドイツがヨーロッパ全土に侵攻していましたし、次はアメリカなんじゃないかと私は恐れていました。

来る日も来る日も、悪いニュースばかりが新聞に載り、私はひどく落ち込んでいました。

そんなある日、私は本の安売り店で2巻で1冊の本を見つけました。

それは『源氏物語』でした。

本を読み始めた途端に、それまで知らなかったような美意識に魅了されました。

それが私の人生の真の意味での出発点でした。

それから1941年、戦争が起こり、私は合衆国海軍日本語学校に入りました。

日本人と戦おうとは思っていませんでしたが、自分が努力すればその分戦争は早く終わると期待していました。

海軍の言語将校としてハワイで多くの時を過ごしました。

しかし、アリューシャン列島での玉砕はこの目で見ました。

私の任務は日本人兵士の残した文書や日記を読むことと、戦争で捕虜になった人たちにインタビューすることを含んでいました。

日本の風習や文化について捕虜たちからとても多くのことを学びました。

WINDOW1

Keene’s Encounter with The Tale of Genji
キーンさんと『源氏物語』との出会い

ドナルド・キーンさんは、『源氏物語』に描かれているすべての物の美しさに感動しました。例えば、『源氏物語』では、登場人物は素晴らしい書で手紙や詩を書きます。どんな紙を使えばいいのかとか、どのように折ればいいのかとか注意深く考えます。こうした手紙は、四季折々の花と一緒に届けられます。キーンさんは昔のこうした世界の優美な作法にひかれたのでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする