LANDMARK 1 和訳 Reading 1 | PRO-VISION 和訳の達人

LANDMARK 1 Reading1 A Miracle of Mermaids

Reading 1 A Miracle of Mermaids
マーメイドの奇跡

p. 68

A four-year-old girl, Desiree, sobbed quietly in the family room of her home.
4歳の少女デザレーは家の居間で静かにすすり泣いていました。

The little girl was hugging a photo of her father.
その小さな女の子は父親の写真を抱きしめていました。

He had died nine months before after a long illness.
彼は長患いのあと,9か月前に亡くなったのでした。

As her mother watched, Desiree slowly ran her fingers around his face on the picture.
母親が見ていると,デザレーは写真の顔の辺りをゆっくりと指でなでました。

“Daddy,” she said softly, “why won’t you come back?”
「お父さん」と彼女は静かに言いました。「どうして戻って来てくれないの?」

One evening, her grandmother said, “See that one there, Desiree?” She pointed at a bright star near the horizon.
ある晩,祖母は言いました。「あそこのあれが見えるかい,デザレー?」祖母は地平線の近くの明るい星を指さしました。

“That’s your daddy shining down from heaven.”
「あれが天国から光を降り注いでいるあなたのお父さんですよ。」

After that, Desiree looked for her daddy’s star in the sky for several nights.
そのあと,デザレーは幾夜も空に浮かぶ父親の星を探しました。

When Desiree went to her father’s grave, she said, “If I listen hard enough, I can hear Daddy’s voice.”
デザレーは父親の墓へ行ったとき,「十分熱心に耳をすませば,お父さんの声が聞こえるわ。」と言いました。

Her mother said, “Why don’t you write to Daddy instead of trying to talk to him?
母親は「お父さんに話しかけようとせずに,お手紙を書いてみてはどうかしら。

You can leave your letter at his grave.”
お父さんのお墓にお手紙を置いていっていいわよ。」と言いました。

Desiree thought that was a good idea and asked her mother and grandmother to help write the letter.
デザレーはそれはよい考えだと思い,母親と祖母に手紙を書くのを手伝ってほしいとお願いしました。

When they next visited, Desiree left her letter on his grave.
次に訪れたとき,デザレーは父親の墓の上に手紙を置いていきました。

But, when they came back the next week, her message was still there.
しかし,翌週戻ったとき,デザレーの伝言はまだそこにありました。

“He’s not getting my letters,” she sobbed.
「お父さんは私のお手紙を受け取りそうにないわ。」彼女はすすり泣きました。

One evening, Desiree said, “I want to die, Mommy, so I can be with Daddy.” God help me, her mother prayed.
ある晩,デザレーは言いました。「私,死にたい,お母さん。そうすればお父さんといっしょにいられるでしょ。」母親は「神様,お助けください」と祈りました。