LANDMARK 1 和訳 Reading 2 The Freedom Writers Diary | PRO-VISION 和訳の達人

LANDMARK 1 Reading 2 The Freedom Writers Diary

Reading 2

The Freedom Writers Diary

フリーダム・ライターズの日記

I have a dream that one day … little black boys and black girls will be able to join hands with little white boys and white girls as sisters and brothers.
私には夢があります。いつの日か…黒人の小さな少年少女たちが,白人の小さな少年少女たちと,兄弟姉妹として,手を取り合うことができるという夢が。

Diary 1

Every day before I leave, my mom prays that I come home safely.
毎朝ぼくが出かける前,母さんはぼくが無事に帰って来るようにと祈る。

On the way home, I get chased mostly by older fools with bats and knives.
家へ帰る途中,ぼくはたいていバットやナイフを持った年上のばかな連中に追いかけられる。

I try going different ways, but they always notice me and chase me anyway.
試しに違う道を行ってみたけど,やつらはいつもぼくに気づいて,とにかく追いかけてくる。

At first I didn’t know the reason why they always hunt me down, but then I understood it, it was simply because I was from a different race. (Fall 1994)
最初,やつらがいつもぼくを追い詰める理由がわからなかったけど,そのあとわかった。それは単にぼくが違う人種の出だったからだ。 (1994年秋)

Diary 2

A couple of days ago one of my friends was laid to rest.
2日前,友だちの1人が埋葬された。

He should still be here having fun and enjoying life with the rest of us.
彼はまだ,ほかのみんなと面白いことをしたり,人生を楽しんだりして,この世にいるべきなんだ。

He’s not the first nor the last friend that I’ll lose.
彼は俺が亡くす初めての友だちでも最後の友だちでもない。

I’ve lost many friends, friends who have died in an undeclared war.
俺は多くの友だちを亡くした。宣戦布告なき戦争で死んだ友だちだ。

A war between color and race. (Fall 1994)
それは肌の色や民族の違いで争う戦争だ。 (1994年秋)