LANDMARK 1 和訳 Lesson 8 The Mother of Women's Judo | PRO-VISION 和訳の達人

LANDMARK 1 Lesson 8 The Mother of Women’s Judo

Lesson 8

The Mother of Women’s Judo

女子柔道の母

Part 1

Judo is one of the most popular sports that began in Japan.
柔道は日本で始まった最も人気のあるスポーツの1つです。

It became an official event at the Tokyo Olympics in 1964, but only for men at the time.
柔道は1964年に東京オリンピックで正式種目になりましたが,そのときは男子だけの種目でした。

Women’s judo made its official debut in 1992 at the Barcelona Olympics.
女子柔道は,1992年にバルセロナオリンピックで公式デビューしました。

In this debut, an American woman played an important role.
このデビューにおいて,1人のアメリカ人女性が重要な役割を果たしました。

Her name was Rena “Rusty” Kanokogi, “the mother of women’s judo.”
彼女の名前は,「女子柔道の母」とも称されるレーナ・“ラスティー”・カノコギでした。

Rusty was born in a poor area in Brooklyn, New York, in 1935.
ラスティーは1935年,ニューヨークはブルックリンの貧困地域で生まれました。

It was a very dangerous place in those days, and she was the leader of a girls’ gang there.
当時そこはとても危険な場所で,彼女はそこで女子不良グループのリーダーでした。

Fist-fighting on the streets was the “sport” for her.
路上のなぐり合いは彼女にとって「スポーツ」でした。

Therefore, she needed to become strong enough to defend herself.
それゆえ,彼女は自分を守れるくらい強くなる必要があったのです。

Then one day, at the age of 19, she came across judo through one of her friends.
そんなある日,19歳のときに,彼女は友だちの1人を通じて柔道に出会いました。

That was a turning point for her.
それが彼女にとっての転機でした。