LANDMARK 1 Lesson 6 The Doctor with the Hands of God | PRO-VISION 和訳の達人

LANDMARK 1 Lesson 6 The Doctor with the Hands of God

Lesson 6

The Doctor with the Hands of God

神の手を持つ医師

Part 1

Doctor Takanori Fukushima is a Japanese neurosurgeon who works in the United States.
福島孝徳医師はアメリカで働く日本人の脳神経外科医です。

He is known as “the man with the Hands of God.”
彼は「神の手を持つ男」として知られています。

People also call him “the Samurai Doctor,” “Black Jack,” and “the Last Hope.”
人々は彼を「サムライドクター」,「ブラックジャック」,「ラストホープ」とも呼びます。

Why do they call him these names?
なぜ人々は彼をこれらの名前のように呼ぶのでしょうか。

By 2007, Dr. Fukushima had operated on more than 20,000 patients around the world.
2007年までに,福島医師は世界中で20,000人を超える患者に手術をしました。

Most of these patients had serious brain tumors that other doctors hesitated to touch.
これらの患者のほとんどは,ほかの医師が手を出すのをためらった深刻な脳腫瘍を抱えていました。

It is amazing that he has been almost 100 percent successful in such difficult operations.
彼がそのような難しい手術でほぼ100パーセントの成功を収めているのは驚くべきことです。

He does over 600 operations a year all over the world, and more than 500 patients are still waiting for his help.
彼は世界中で1年に600件を超える手術を行い,500人を超える患者が今なお彼の助けを待っています。

These facts tell us how great he is.
これらの事実から彼がいかに偉大であるかわかります。