Big Dipper 2 和訳 Reading Annemarie's Basket | PRO-VISION 和訳の達人

Big Dipper 2 Reading Annemarie’s Basket

Reading Annemarie’s Basket
アンマリーのバスケット

Annemarie Johansen is a ten-year-old Danish girl living in Copenhagen.
アンマリー・ヨハンセンはコペンハーゲンに住む10歳のデンマーク人の少女です.

Her family includes her father, mother, and her little sister, Kirsti.
彼女の家族には父親と母親,幼い妹のキルスティがいます.

She had an older sister, Lise, but she died in an accident three years ago.
彼女にはリーゼという姉がいましたが,3年前に事故で亡くなりました.

The Rosens are a Jewish family who are very close to the Johansens.
ローゼン一家はヨハンセン一家ととても親しいユダヤ人の家族です.

Their daughter Ellen, who is also ten years old, is Annemarie’s best friend.
彼らの娘エレンもまた10歳で,アンマリーの親友です.

Chapter 1  第一章

It was September 1943.
1943年9月のことだった.

Annemarie stopped at Mrs. Hirsch’s shop to buy a button for her little sister’s jacket.
アンマリーは彼女の妹のジャケット用のボタンを買うため,ヒルシュさんの店に立ち寄った.

However, the shop was closed. There was a new padlock on the door and a sign. It was in German.
しかしながら,店は閉まっていた.扉には新しい南京錠がかかり,貼り紙がしてあった.それはドイツ語で書かれていた.

That night, the Johansens got some news from Peter, a young man who had been Lise’s fiancé.
その夜,ヨハンセン一家はリーゼの婚約者だった青年ピーターからある情報を得た.

He told them that the Germans had issued orders to close many stores run by Jewish people.
彼は一家に,ドイツ軍がユダヤ人によって経営される多くの店を閉めるようにという命令を発したと言った.

Mrs. Hirsch was Jewish.
ヒルシュさんはユダヤ人だった.

Annemarie was shocked. “What will happen to Ellen? The Rosens are Jewish, too!”
アンマリーはショックを受けた.「エレンに何が起こるのかしら〔→エレンはどうなるのかしら〕.ローゼン一家もユダヤ人よ!」