UNICORN READING 和訳 Lesson 4 | PRO-VISION 和訳の達人

UNICORN READING 和訳 Lesson 4

文英堂 英語R UNICORN ENGLISH READING Lesson 4
Finding the Smart Part of Every Child
子供の長所を見つける

【LISTING】

今日,平均的な家庭には,電話やテレビ,電子レンジなどのような様々な装置の中に50近くのコンピュータチップが含まれている。

最近では,コンピュータを使わない学校,会社,店などをほとんど想像できない。

このコンピュータやコンピュータチップの一般的な利用によって,何点かの問題が引き起こっている。

初めに,コンピュータの増加に伴い,基礎数学や書く技術を忘れてしまいますか。

次に,個人的な関係はコンピュータ化された世界に住むことによって苦しくなりますか。

三つ目に,将来多くの人々が,失職しますか。そして,四つ目,この新しい時代,プライバシーを守ることはできますか。

[語句]

 average 代行  chip  develop  開発する  microwave 電子レンジ
computerize 構想ビルだからね。  privacy  privacy プライバシー

[本文訳]

子供たちはどうやって学ぶかという学校で評判になっている新しい説がある。

この新しい説の主旨は何だろうか。それは子供はみな賢く,教師と親の仕事は子供が持って生まれた知能を使う学び方を見つけるのを助けるということである。

[語句]

 Armstrong アームストロング

教育者であり心理学者でもあるトーマス・アームストロングによると、伝統的な教え方は適する生徒もいれば適さない生徒もいるということである。

「様々な子供が様々な方法で学ぶが、これらの学び方はすべて妥当なものである。」とアームストロングは言う。

[語句]

recognize 悟る,認識する

言語的論理的技能は、これは伝統的教育法ではとても重要なのだが、これらの知能のうちの二つである。

アームストロングはこれらを「言語的才能」「論理的才能」と呼ぶ。しかし彼はその他の知能も等しく重要だと強調する。

従って、教師や親への質問は「子供たちの学び方を教えられることにどうやって合わせるか」ということになる。

[語句]

verbal 言語の  logic 論理の  emphasize 強調する

彼が指摘したように、今日の教え方はほとんどが「言語的才能」と呼ばれる一つ目の種類の知能と、「論理的才能」と呼ばれる二つ目の種類の知能に基づいている。

言語的才能に優れた子供たちは、聞いたり、読んだり、話したり、書いたりして学ぶ。

こうした子供たちの親はただ課題についていくように促しさえすればよい。

もう一つの伝統的な教え方の「論理的才能」は数字、事実、科学的原理を使う。

論理的才能に優れた子供たちは自分で観察したり実験したりすることを好む。

彼らは「もし~したら、どうなるだろうか」という質問によく反応する。

[語句]

 assignment 課題  principle 原理  

3番目に、「映像的才能」に優れた子供たちがいる。

こうした子供たちは学んでいることを心に思い描いたり、実際に見たりするのを好む。

彼らは例えば博物館を見学すれば多くのことを学ぶだろう。

次は四番目の才能、「音楽的才能」に優れた子供たちである。

彼らはABCや掛け算の表などのリズミカルに表現された情報を容易に吸収する。

五番目は「身体的才能」に優れた子供たちである。

たいていの幼い子供はこの部類に入る。

彼らは学びながら手で触って調べたがる。

比較的年上の身体的才能に優れた子供たちは、例えば史劇を演じることでより速く学ぶだろう。

この次は六番目の「対人的才能」に優れた子供たちである。

彼らは非常に社交的である。

ノートを比べさせたり、議論させたり、解決させたりするグループ研究が、彼らが学ぶ最善の方法である。

[語句]

visualize 思い描く  absorb 吸収する  rhythmically リズミカルに  multiplication 掛け算
category 部類,カテゴリ  drama 劇  sociable 対人的  discuss 議論する

すべての子供たちはこれらの学習法のそれぞれを使うことができるが、彼らは自然に一つ以上の自分の秀でた方法を使う。

その上、子供の好む学習法は年々変わることもある。

どの学習法がそれぞれの子供の特定の時期にもっとも適しているかを知ることは、教師や親が子供にとって学習をより楽しくやりがいのあるものにする助けになりうる。

[語句]

particular 特定の

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする